入籍前準備

【婚約】結婚が決まったら?両家の挨拶までに用意する話題や服装!

 

初めまして!アラサー主婦のmarimoです。

この度はご婚約・ご結婚おめでとうございます! 新たな人生のスタート。
寂しかったりうれしかったりワクワクしたり、いろいろな気持ちがあると思います。

いざ結婚が決まったら、することはたくさんあるはずなのに、何からしたらいいのか悩みますよね。

ここでは私の経験談も交えながら、必要なことをリストアップしていきます。
今読んでくれているあなたにとって、参考になれば幸いです。

まずは二人の意見をまとめよう

祝婚約♡おめでとうございます。

プロポーズの後は、二人で将来について話し合いましょう!
これから先の人生、何をするにも2人で相談して決めていく事でしょう。
そして、結婚のステップを進めるためには、ここで二人で将来について話し合うことがとても大切です。

  • 入籍予定日
  • 結納・食事会を行うのか
  • 挙式や披露宴を行うのか
  • どんな結婚式にしたいのか
  • 和装?ドレス?
  • 結婚式はいつ挙げたいのか
  • これからの家庭について
  • これからの仕事について

めんどくさがる方も多いですが、ここを進めておいて後悔することは全くないです。
あとから話しておいてよかったと思えるはずです!

両親へ挨拶!準備すること

続いては、両親への挨拶です。結婚が決まって最初の一番緊張するところですね!
ここを越えることができれば、前に進むことができます。
お互いの両親とは長いお付き合いになるでしょうから、第一印象でしっかり心を掴めるように頑張りましょう。

  • 自分の両親に「結婚したい相手がいるから会ってほしい」と伝える。

日程調整をして、新婦→新郎の順番で挨拶へ行きましょう。
もし、都合の関係で順番が前後してしまっても両親とお二人が納得しているのであれば、特に問題ありません。

  • 場所と時間を相談する。

一般的には自宅へ訪問する形が多いですが、外食に誘っていただいた場合は両親の意向に沿ってすすめていきましょう。

もし遠方へご挨拶に伺うのであれば、時間を気にして慌てなくてもいいようになるべく休日調整をし、交通手段や宿泊場所なども事前に準備しておきましょう。

私の場合は元々お互いの両親を知っていたので、スムーズでしたがそれでもとても緊張しました。
ですが、きっとご両親も緊張されていることと思うので、当日安心して認めてもらえるように、しっかり準備を行うことが重要です。

【話題】

  • 2人でした話をまとめておく
  • 家族構成や性格など
  • 避けた方が良い話題
  • 相手の良いところ・好きなところ
  • 自分の結婚への気持ち

その他、お互いの両親に会う前に知っておいてもらいたいことや不安なことなどがあれば伝えておくべきです!
何事も伝えるのには勇気が必要ですが「先に言っておいてくれれば…」ということにならないように、相手を信じて伝えましょう。

<意見のまとめ方>

最初の意見をまとめるところは、結構重要です。

両親からすれば「いつするの?」というところがすべて関わってくるところになるので、結婚を認めてもらえたら例えば「来年の秋には結婚式を挙げたいと考えています。」というようなことを伝えられるとしっかりと準備してきたことや、結婚に対する覚悟も伝わりやすいです。

意見をまとめる方法でオススメなのは、すべてに「なぜ?」で追及していくことです。
もし、なかなか意見がまとまらなかったり、そういったことが苦手であればやってみてください!

例えば

【結婚したい】なぜ【一緒に生きていく覚悟ができたから】なぜ【今まで付き合ってきて、この人となら大丈夫だと思えたから】なぜ【この人の○○なところを尊敬しているから】(なぜ【こういうことがあった】)

「○○さんの△△なところをとても尊敬しており、一緒に過ごすうちに、この人と一緒に生きていく覚悟を持ちました。」

「結婚したい」ことの理由と()の中にはエピソードまで思い浮かべられますよね!

というように、したいことの理由が自分の中でも深まるので、自分の言葉で説得力のある内容を伝えることができ、二人への信頼感にもつながります。

 

また、いざ挨拶の時に決まっていないことがあれば、とっさに慌てて決めるのではなく「そちらについてはこれから話し合っていこうと考えております。」と、これから決めていく意思をしっかり伝えて、後日相談し伝えましょう。

結婚式は本人にとっても、両親にとっても、人生の中でもとても大きな出来事なので、後悔しないよう行動していきたいですね。

スポンサードリンク

【服装】

  1. バッグ

「何を着ていけばいいの…?」わたしは普段の服装がカジュアルなこともあり、とても悩みました。身近だと、自分の両親に見てもらうのが一番いいと思います!

 

  1. 服はワンピースがおすすめです。きちんと感が出るようストッキングは必須
    Aラインなどの綺麗めな雰囲気がオススメです。
    スーツでも○ですが、タイトスカートやカジュアルすぎる服装は避けましょう。

  2. ワンピースに合う普通~低めのヒールがオススメです。
    高すぎるヒールは派手な印象に感じられやすいためNG
    趣味は否定しませんが、この日だけはやめておきましょう。

  3. ハンカチ、ティッシュ、他必需品が入る程度の小ぶりなバッグが上品にみせてくれます。
    カラーは全体の雰囲気に合わせて派手すぎないもので選ぶと◎
    普段荷物が多すぎる人、小さめのバッグにパンパンに詰め込まないよう注意

忘れてはいけないことは、自分が好きな格好ではなく、大切な人のご両親に挨拶するための格好をするということが1番の目的です。

服装が決まれば、次は手土産です!

【手土産】

 

事前にできることとすれば、お互いの両親の好きなお菓子を共有しておくこと。

相場は2,000円~5000円
あまりに高額すぎる手土産は、ご両親も気を遣ってしまいますので、相場範囲内での購入がオススメです!

のしは不要ですので、通常通りに包装してもらってください。

自分が人からもらっても困らないもの、嬉しいものを選びましょう。

ちなみに私は彼と一緒に百貨店へ行き、お互いの家族の好みを話しながら、手土産を選びました!
「うちの母がこれはあんまりなんだよな~」などその時に聞けることもあるので、色んなものを一緒に見ていると当日のイメージも膨らみますよ!

まとめ

いかがだったでしょうか?これだけで大丈夫?と思うかもしれませんが、これだけやっておけば、ご両親とお話する時に伝えたいことが自然と話せます!
ただでさえ緊張しているのだから、しっかり話し合っておくことが一番大切なんです!!

結婚式や披露宴をする方は、これから二人で話し合って決めていくことばかりです。
ここからがスタートだと思って協力しあって頑張っていきましょう!

少しでも挨拶の日に活かせますように!応援しています。

marimo