お悩み

賃貸の退去費用を抑えるポイント!退去前に知っておきたいこと。

本日は賃貸を退去する時の費用についてです。約2年住んだ賃貸(敷金なし)を退去する際、退去費用0円だった私が、少しでも安く費用を抑えるポイントをお伝えしたいと思います。

賃貸の退去費用を抑えるポイント

退去費用を抑えるために、事前に取り組めることがあります。

  • 喫煙しないこと
  • 壁・床・扉の傷に気を付けること
  • 換気口や排水口のこまめなお掃除
  • 6年以上住む

上の3つは自分で気を付けることができることだと思います。特に壁は汚れやすく、家具や家電を引っ越す際動かしたときに全く色が違ってしまっては、必ず貼り換えることになりますよね。なんとか費用を抑えるのだったら、喫煙場所はよく考えるべきでしょう。

床や壁の傷は、当たり前のことですがなるべくつけないように。そして入居時からあった傷は写真を撮ってデータとして置いておくと退去時に伝えることができます。

そして、最後の一つは設備の原状回復が可能かどうか。一般的には6年住むと入居者負担というものはほとんどなくなるそうです。1~2年住むだけだという場合は、上の三つの事項に気を付けて過ごすことをおすすめします。

sponsored

 

退去時にチェックされたところ~体験談~

実体験なので、賃貸の会社による部分でもあるかと思いますが、少しでも参考になればと思います。

  • 扉の傷がないか
  • クローゼット内の傷がないか
  • 網戸・ベランダ扉の汚れや傷がないか
  • 換気口の汚れがないか(外して確認)
  • ベランダの汚れや傷
  • ゴミを退去チェック日に出していないか
  • 水道の口部分の傷がないか
  • シャワーヘッドを外した部分の汚れや傷
  • 賃貸に付属の家電に傷がついていないか
  • 賃貸に付属の物品を失くしていないか

まず、傷というのは大きなものでなければ、そこまで神経質にならなくても良いかもしれませんが、IHなどの電化製品や元々付属しているものが正常に動かないとなれば退去費用0円というのは難しい話になりますよね。

そして、水道の口の部分や、シャワーヘッドなど、こちらで購入して別のものを差し込んで使用できるものは注意が必要です。それによって賃貸に付属している家具や家電に傷がついていないか気を付けることです。

私たち夫婦は喫煙者ではないので、喫煙による負担は全く心配なかったです。しかし、喫煙によって負担額が高くなるケースが多いと退去チェックに立ち会った方からお話を伺いました。喫煙で必ず汚れるのは壁ですが、色もそうですが、ニオイが染みついてしまってとれないというところも、大きな負担となってしまいます。

傷や穴、汚れをつけてしまった場合

生活しているので、汚してしまったり傷ができてしまうのは当然のことだと私は思います。傷や汚れがある場合、なるべく自力で綺麗にする努力をすることがまず第一です。

画鋲ほどの小さな穴はそこまで気にしなくても大丈夫な場合が多いですが、大きな穴をあけてしまった場合は入居者負担になる可能性が高いです。

sponsored

おわりに

退去する時も引っ越しをすることになるのですから、引っ越し費用など他にもさまざまな費用がかかってきますよね。少しでも費用を抑えたいという方は、退去前の期間を見越して掃除や修繕など自分でできることを最低限行っておくことで、抑えることができます。

ちなみに、完璧なお掃除はしなくていいそうです。しかし、綺麗に使ってくれているという印象を持ってもらえるので、人によっては多少は目を瞑ってくれることもあるかもしれません。

お世話になったおうちに感謝の気持ちを込めて、お掃除するのもとても素敵なことではないでしょうか。

marimo