妊婦生活記録

妊婦が仕事を休む理由。つわりだけじゃない身体やメンタルの辛さも。

職場に妊娠中の方はいますか?

・まだお腹も大きくないのに休んでばかり…
・もうつわりは終わったのにまた休み?なんで?

などと同じ職場で働く方々からすると理解できないこともたくさんあるかと思います。また、妊婦で仕事をしている方もかなり気を遣っている場合、辞められる状況であれば辞めてしまう人も多いのが現実。

妊婦がなぜ仕事を休みがちになってしまうのかを経過別にまとめてみました。

 

妊婦が仕事を休む理由

妊娠したことがない人や男性からすれば、妊婦に仕事を休まれると迷惑だと思うこともあると思います。と、同時に仕事を休むことに後ろめたさを感じている妊婦さんは、そう思われていなくてもかなり気にしてしまいます。

では、なぜ仕事を休んでしまうのでしょうか。

妊娠初期(~4か月ぐらい)

まだお腹が出ていなくて、性別も分からない時期ですね。この時期は、つわりがある方でひどい方は出勤するだけでもかなりしんどいと思います。

つわりで入院する方もいるぐらいですから、ちょっと気持ち悪いだけだろうと思わずたすけてあげてほしいです。もちろん全く症状のない方もいますが、人によって様々ですので比べるのはNGです。

また、妊娠初期は一番流産してしまいやすい時期になりますので、重たいものを持ったり無理な姿勢をとったり、ストレスを感じやすいことは避けることがベストです。つわりだけではなく妊娠経験のある人からは「無理しちゃダメ」と必ずといっていいほど言われることが多い時期です。

ですが、妊婦さんからしたら「これぐらいやらないと迷惑がかかる」という思いもあるので、多少の無理はしてしまいがちですよね。ですので、その気持ちを配慮してあげましょう。

妊娠中期(5~7か月ぐらい)

少しお腹が出てくる時期で、つわりのある方で落ち着く方もいる時期です。この時期は安定期と言われており、体調が落ち着く方も多いです。

ですが、中にはつわりがおさまらない方もいますし、働いて無理をしていたら切迫早産になってしまい入院する方もいたり、妊婦さんっていつの時期も安定は無いんですよね。それは、お腹の赤ちゃんもお母さんのお腹の中で生きるために必死でがんばっているからです。

後は、初期に比べて落ち着いてきたと言って無理をしてしまう妊婦さんもたくさんいます。あくまで、体調は落ち着きますが妊婦だという自覚を持つことも大切です。

 

sponsored

妊娠後期(8か月以降)

ほぼ産休前になるかと思いますが、お腹もかなり目立ってくる時期です。性別も分かる方が多いですね。

お腹が大きくなってくると胃が圧迫されて、つわりのような症状になる方が多いです。出産間近になると解消されるのですが、産休前は特に食後動きにくい方もいます。

そして、お腹が大きくなると恥骨痛や腰痛に悩む方も多く、同じ姿勢を続けることが辛かったりします。立ちっぱなしの業務も、座りっぱなしの業務も、妊婦さんにとってはつらいものになります。優しく声をかけてあげましょう。

 

メンタル面での辛さも。

今まで同じように働いていたのに、どんどん変化する身体の様子に戸惑う妊婦さんも多いです。特に初めての妊娠の時は何が起きるのか自分ですら分からないので、不安も大きいですよね。

そして、同じように働いていた仕事仲間に迷惑をかけるということを分かっているからこそ、辛いところがあるのです。上司や先輩、後輩に気を遣いながらもお腹に宿っている生命も当然ながらとても大切です。無理する訳にはいかないんですね。

「これぐらいならやってもいいかな?」「これは無理してることにならないよね?」という状態。まるで会社に昨日入ってきた新人の頃の気持ちに近いのではないかと思います。そんなときに「これはやっとくよ~」とか「こっちお願いしてもいいですか?」などととにかく声をかけてもらうだけで救われるものです。

私も何度救われたことかと思いますし、妊婦でできることが少ない分、たすけてくれた方への接し方や自分にできることはないかと、とても感謝したことを思い出します。してもらって当然だなんて思いませんが、たすけてもらった優しい気持ちは誰もが喜んでくれると思います。

sponsored

おわりに。

妊婦さんに優しくしてあげてください、と言わんばかりの記事になってしまいましたが、それだけ繊細なことだと思います。日頃の行いや好き嫌いも勿論人間関係ですからあると思いますが、お腹のなかにいる赤ちゃんには何の罪もないですよね。それに、人をたすける心で自分自身も救われる時だってあると思います。

自分が妊婦になった時や、自分の奥さんが妊婦になった時、身内がそうだった時などを経験していない方は分からないと思いますが、後々身をもって分かることもあると思うので、その時のためにも人徳を積んでおくことが、自分のためにもなるのではないでしょうか。

marimo