marimoのすすめ

立ち会い分娩禁止の現実。不安を少しでも和らげるためにできること。

こんにちは!

コロナウイルスの影響により、病院での立ち会い分娩ができなくなったという方も多いと思います。私もその一人で、とても不安な気持ちを持ちながら出産に挑みます。

今回はそんな不安を少しでも和らげるために、知っておきたいことをまとめてみました。

立ち会い禁止の現実。

元々立ち会い希望でない妊婦さんももちろんおられるでしょうが、立ち会い希望をしていた妊婦さんにとっては、出産間近になり急に一人で分娩することになったという方もおられますよね。

実は私も、病院に夫婦で行くと今まで一緒に見ていたエコーですら一緒に見られない状況になり、助産師さんに立ち会いできなくなったと告げられショックを受けました。出産までの残りの健診も含めて、送り迎えだけしてもらい、帰りを待ってもらうような感じになっています。

不安なのは自分だけではない。

立ち会いが禁止になりすぐに出産された女子アナウンサーの高橋真麻さんは、公式ブログにその思いをつづられており、同じ気持ちなんだなと思う妊婦さんはたくさんいるのだろうなと思います。私も勇気をもらいました。

コロナが全く落ち着かない中の妊娠、出産に不安な気持ちを抱えている妊娠さんへ。

まず、希望していた立合い出産や
面会が叶わなくなり、それを最初告げられた時は
私もとても残念だったし、寂しく、また何よりも不安でした。
しかし、結果的に
そこまで徹底してくれているおかげで
『一人で迎えるお産』に対する不安はあっても
『コロナに対する恐怖』は殆ど払拭されました。
そして、一人でお産を迎えるといっても
先生や助産師さん達が付いていてくれるので
孤独ではありません( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )
もちろん、生命の誕生という大切な瞬間を
家族(主人)と共有できないという寂しさはありますが、今は携帯でやり取りも出来るし、テレビ通話もあるので。

 

不安を吐き出せず一人で苦しんでいる人がいるとしたら、SNSでも身近な人でも誰かに共有してみることも大切です。妊娠中で一人で悩むことって他にもたくさんあると思いますが、苦しむ必要なんてないと思います。

sponsored

何が大切なのかを考える。

「立ち会い分娩じゃなくて不安」「初めてのお産なのに…」などそれぞれの思いはあると思います。それは私も同じです、とても不安ですよね。

では、何のために立ち会い分娩禁止なのか?面会遮断なのか?と考えてみました。

わたしたちお母さんになる妊婦と、赤ちゃんを守るため。たったそれだけなんですよね!そのために、助産師さんや病院の先生も家庭があるなか命を一緒に守ってくださります。助産師さんや先生の中にも実は妊娠している方や、家族に小さいお子様がいらっしゃる方もおられると思います。そんな中一緒に戦ってくれることにまずは感謝して、お腹の赤ちゃんと元気に退院することを目指しましょう!

自分が妊娠中で免疫力がおちてると分かってはいても、実際に病気になってしまわないと気付かないことって多いですよね。妊婦は守ってもらうべき立場であり、自分でも自分を守っていかないといけない立場だと私は思います。

sponsored

 

おわりに。

全てはこれから先の家庭の幸せのため、赤ちゃんと無事に出会うため、これから先に喜びがたくさん待っているという希望をもって、周りの妊婦さんと一緒に頑張っていきましょう。

きっと生まれてきてくれる赤ちゃんにも「こんな大変な時期に無事に生まれてきてくれてありがとう」「大変な時期に命をかけて生んでくれてありがとう」と言い合える日が待っています。

marimo