モデル

西野七瀬は卒業後も活躍中!乃木坂に入った理由や高校時代について。

みなさん、こんにちは!

今日は元乃木坂46で今ドラマ「あなたの番です」に出演中の西野七瀬さんについて調査してみました!去年の年末に卒業されて、トーク力が乏しいことから心配の声もあった西野七瀬さんですが、卒業したメンバーの中では、専属モデルの仕事や、バラエティでレギュラー番組に出ていたり、ドラマに出ていたりと、一番たくさん活躍されていますね!

そんな西野七瀬さんの詳しいプロフィールや高校時代について書いていきます!

西野七瀬のプロフィール

名  前:西野 七瀬(にしの ななせ)
生年月日:1994年5月25日
身  長:159cm
出身地:大阪府大阪市
事務所:乃木坂46合同会社
趣  味:ゲーム
特  技:絵を描く

西野七瀬さん、名前は本名です。

身長はそこまで高くないのですが、顔が小さいのでとてもスタイルがいいですよね!乃木坂のなかでもかなり顔の小さい方だったと思います!

出身地は大阪府大阪市、長吉中学校だったという噂と、太った鳩が好きということを番組で涙を流しながら伝えていましたが、平野区近辺のはとが太っているので、そのへんかと思います。

高校時代は友人はいたの?

大阪府にある松原高校という当時は少しギャルっぽい生徒が多い学校へ通われていましたね。西野七瀬さんは入学時はギャルっぽいわけではなかったものの、やはり周りの友人に影響されてギャルというほどではないですが、女子高生らしくあか抜けていった印象です。

その中のダンス部という部活に入ったのですから、おとなしい感じの雰囲気の子はあまりいないです。西野七瀬さんも流出している画像のプリクラにうつっていたようにダンス部の友達がいたので、決して浮いていたという訳でもなかったですよね。

テレビでは「友達がいない」とよく言っていますが、たぶん周りに比べてということではないかと思います。そこまでおもむろに友達がいないというと「え、友達じゃなかったの?」となりそうな気もします。

地元や高校時代の友達はいるようで、西野七瀬さんはおもしろい子が好きなので友人もおもしろい子が多いみたいです。
乃木坂46でいうと高山一実さんのような、自然に笑わせてくれるようなおもしろさですね!

スポンサードリンク

高校での留学について

高校時代、フランスに留学する予定を変更して乃木坂46に加入した西野七瀬さん。

そもそもフランス留学って?ということですが、松原高校では毎年1~3人ほど海外への留学ができる制度がありました。それに選んでもらっていたということですから、西野七瀬さんの成績はそこそこ良かったのではないでしょうか。

当時から「環境を変えたかった」という西野七瀬さんですが、乃木坂46に入って芸能界の道を選んで後悔はしていないそうです。

自分の選んだ選択に後悔がないというのはとても素敵ですよね!

これまでの出演経歴

西野七瀬さんといえば、文頭にも書きましたが今2クール連続で放送している大人気のドラマ「あなたの番です」に黒島ちゃん役で出演しています。

このドラマでは特に棒読みということもなく、自然に演技されている印象ですが、これまでのドラマや映画の出演経歴はどのようなものだったのか調べてみました!(演技をしていたもののみ)

ドラマ

  • 49
  • 天使のナイフ
  • 初森ベマーズ(主演)
  • もう1人のエレベーター
  • 宇宙の仕事
  • 電影少女(主演)
  • あなたの番です

映画

  • ONE PIECE FILM GOLD(声優)
  • あさひなぐ(主演)

 

私の感想としては、最初はやっぱり演技が苦手そうな感じが出ていましたが、映画「あさひなぐ」や今季のドラマ「あなたの番です」でとても自然に感じるようになりました。そうやってなんでも挑戦していくところが西野七瀬さんのすばらしさであり、成長につながっているんですね!

同じくあなたの番に出ている横浜流星くんについてはこちら。

あわせて読みたい
横浜流星がカッコイイ。まつ毛カールは天然?特技の極真空手がすごい!こんにちは!marimoです。 皆さん、横浜流星さんは知っていますか?以前の深田恭子さんと共演された話題のドラマでゆりゆりにメロメ...

おわりに

西野七瀬さんは高校時代から、乃木坂46に入り後輩を持ってお姉さんとして成長して現在に至るのですね。グータンヌーボヌーボで自分の回に来ていたゲストとも仲良くなったり、彼女なりに少しずつ変わっていっているのがわかりますよね。

この投稿をInstagramで見る

 

🥴

にしのななせさん(@nishino.nanase.official)がシェアした投稿 –

そして、まわりにいる芸能界の先輩たちとも、楽しそうに収録や撮影している西野七瀬さんはこれからさらに、メディアにおいて活躍してくれるでしょう!とても楽しみですね!

marimo