お悩み

専業主婦になりたい。夫の収入だけで実際にやりくりできるの?

「専業主婦になりたい」と思ったことはありますか?

私は2人暮らししながら働いていた頃、ず~っとそう思っていました。そして、実際になってみて思うところもたくさんあるので、今日はそんなところを周りの友人の意見と共にお伝えしたいと思います。

専業主婦になってみて思ったこと

私は専業主婦になってまだ1年も経っていません。そして2人暮らしの時にした専業主婦は、とても短い期間でしたが、何に関してでも3日程やってみたら思うところって出てきますよね。

私は結婚式の約1か月前に退職して、1か月間専業主婦になりました。毎日忙しい職場だったので、最初は「やっと仕事から解放されたー!!」という解放感でした。ですが、そこからの日々は自分でコントロールするということが大切になってきます。(特に夫婦での2人暮らしの方や子育てに手をかけなくていい方)

自分次第ということで、すべての専業主婦の方が同じなんてことはありえません。本当にピンキリですので、実際にこういう主婦もいるのだなという目線で見ていただければと思います。

自分で生活時間を決められる

何をするにも自分次第。ちょっと手を抜くにしても、きっちり時間帯を決めて行動するにしても自分で全部決めることができますよね。ただダラダラと一日を過ごしてしまうとヒモと言われてしまうレベルにもなれるので、自分のことを戒められる性格であることも大切だと思いました。

marimo
marimo
私は結婚式があったのでその作業のために一時的に専業主婦になることを選択したのですが、それでも仕事をしていた頃よりは時間に拘束されなくなるので、少しだらけた生活をしてしまった思い出があります。

何もしないと達成感がない

専業主婦って働かなくていいし、最高!と思っていましたが、家事関連の何を頑張ってもお金が発生しないです。時間が手に入る変わりに、お金に関しても自分次第になります。今はポイ活や在宅ワークやYoutubeをしている人も増えてきていますよね。専業主婦で何もしていない人もいれば、兼業主婦でたくさん活動をしている方もいます。

ですが、そういったお仕事ってその人のセンスも努力も必要になってくるイメージがあります。会社に勤めていると自分の時間はないけれど、お給料という形で達成感を味わえるということに気づきました。

marimo
marimo
私はお金より時間がほしい!と思っていましたが、実際にお金が必要となると時間を拘束されることの意味がよく分かりましたね。自分が何を達成感と感じるのかによっても変わってくると思いました。
友子
友子
私は家事が趣味だったので、お掃除していたら一日終わっちゃったりという日々に達成感を感じていました。お金も必要だったらパート主婦として、時給の良いパートをするというのも一つの手だと思いますよ!
sponsored

休憩時間が無い

「家にいるんだから何かしないと!」という気持ちがすごくて、休憩時間という時間を取りづらくなりました。これも人によるのだと思いますが、もし自分の夫が専業主夫だとして自分が仕事から帰ってきて洗い物がたまっていたり、洗濯ものを畳んでいなかったりすると、自分だけが頑張っていてストレスに感じてしまうのではないかなと思いました。

ですが、そこでメリハリをもってスケジュールを自分で組める人なら、テキパキと家事をこなして仕事から帰ってくる相手を気持ちよく迎え入れられると思います。なので、自分が専業主婦になったときに、そういうことが向いているのかを連休に主婦として過ごしてみることで確認することも一つですね。

 

夫の収入のみでのやりくり!

共働きをやめて、夫の収入だけの生活がはじまりましたが、本当に大丈夫なのか?というところ、専業主婦になりたいという上で私は一番気になっていました。当時はやりくりができるある程度の貯金があったので、結婚式が終わるまでという条件で専業主婦になることを夫も認めてくれて無事に専業主婦となることができました。

今までと変わりない生活をしたいという方は、夫の収入が良いもしくは貯金がないと厳しいのではないかと思います。夫の収入の少ない私が専業主婦になってから変わったことはこちら。

  1. 自分にお金をかけない
  2. 外食を減らし、夫の帰宅に合わせてなるべく自炊する
  3. 在宅ワークやブログ、ポイ活をする
  4. 家計を計画的に管理する

①や②は当たり前にこなしている方も多いと思います。実際marimo宅では、私の方が職場から帰宅する時間帯が遅く、夫の家事負担も多かったため、かなり見直すことになりました。私もやっと嫁らしく夫のために料理を作る日が増えたなとひとりで喜んでいました。(笑)

③は、ブログでの収益化を目指したり、今流行のポイ活をしてポイントから光熱費を支払ったりしていました。実際にどのようにしていたのか、また機会がありましたら書きたいと思います。

④に関してはかなり苦手分野で、計算した時にはもう遅かったということは今でもあるというポンコツ専業主婦なのですが…。特にうちは夫も私もキャッシュレスなので、計画的に使うシステムを作らないと大変なことになりかねない、赤字経験もあるので、結構大切だと思います。

marimo
marimo
自分が専業主婦になることで、働いてくれている夫が仕事をした達成感を味わえないような生活にしないように心がけることは今でも大切に思います。お互い思いやりの気持ちがないと上手くいきませんよね。
sponsored

 

おわりに。

実際にやりくりしていくことで、生活費の余裕からなにから専業主婦になるということですべて見直す覚悟をしたうえで、専業主婦になることも大切ですし、自分の稼ぎがなくなることでどうなるのかきちんと考えることも大切です。

休憩や終わりのない毎日に嫌気がさすことはもちろんありますし、どっちがいいのかなんて人それぞれだと思います。なので、働いている環境が合う人もいれば、専業主婦になり才能を開花させる人もいる。私も試行錯誤中ですが、一人ひとり頑張った分だけ自分が生きているなかで必ずかえってくると信じています。

marimo