お悩み

豪雨や災害時の対策として、絶対に備蓄しておくと良いもの【食料】

みなさん、こんにちは!
今、まさに九州の方は豪雨が続いており土砂崩れが起きやすい状況です。

災害は人間にはどうにもできません。
そして、まさに災害が起こったタイミングで、備蓄を慌てて買いに行った時にどうなっているか知っていますか?テレビでよくニュースにある買いだめ現象が、いろんな地域各地で起こっていますよね。

なので、普段からどこかに備えておくことがとてもオススメです。今回は食品に絞って載せたいと思います。ただし、備えておくには注意しておくべきこともありますので、そちらも併せてお伝えしていきます!

普段から用意しておくべき食料

突然の災害に、突然の備蓄というのはどう考えても難しい話なので、普段から用意しておくことをオススメします!備蓄しておくためにスペースをあけておきましょう。

いざ災害時に買いに行くと無くなっているもの・災害の時にあったら何日間か食生活に困りにくくなるものが普段から用意しておくべきものですので、そちらをあげていきます。

  1. 調理せずに食べられるもの(乾パン、レトルト食品(ごはんやおかゆ)
  2. 食品の開封などに使う器具(缶切りやカセットコンロなど)

自分たちで買いに行くのも、もちろんオススメですが、忙しい方もいると思いますし買いに行ってから仕分けして箱やバッグを用意して、などが面倒な方もいるかと思います。

なので、便利な今の時代はネットで「〇日分の非常食」などと検索すると届けてくれるので、一番手軽に用意するならそれもオススメです!ただし、スーパーの特売日にまとめ買いするのであればそちらの方が安く済む場合もあります!

 

用意しておくべき日数は?

災害とはいつまで続くのか、起こった後の生活がどの程度で復興していくのかなどを考えるとできるだけ長い分おいておければいいのですが、電気・水道・ガスが止まったりした時に保存できるかということも考えると、最低でも3日分は用意しておきたいところです。

三日分といっても家族の人数×三日分なので、結構な量になるかと思います。

他に冷蔵・冷凍している食品がある場合はそちらを先に消費してから、備蓄していた食料品を消費することになるでしょう。

ですが、食品を扱う上で体のためにも気を付けておきたいことがあります。

sponsored

気を付けておきたいこと

食品には賞味期限があったり、保存方法がありますよね。

特に備蓄しておく食料のうち常温保存のものは普段開封したり管理したりすることがあまりないと思います。むしろ、無い方がいいですしね!

  1. 賞味期限/消費期限の管理
  2. 保存方法の確認(季節によっての温度など)

この二つさえチェックしておいたら、期限が近付いたタイミングで消費して買い替えすれば常に備蓄もある状態ですし、もったいないことにもなりませんよね。

いざ、災害が起きた時に、備蓄していたものが期限が切れてしまっていた。などで、「まぁいいか」というような感じでお腹でも壊したら、それこそ大変ですよね。身体が健康であることが何をするにも大切になってくると思うので、自分の命・大切な人の命は守れるように準備しておきましょう。

おわりに

災害はいつ起こるのか、人間には全く分かりません。予想はできてもそれが100%正しいというわけではないですよね。

自分の身は自分で守る。と強い気持ちで、その時の準備はしておきましょう!

災害に合った時や心配になった時に、少しでも参考になればと思います。

marimo